印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME | 作品紹介 | 上演中作品 | ぼくはにんじゃのあやし丸2013

更新日 2016-10-27 | 作成日 2016-04-03

ぼくはにんじゃのあやし丸

dsc_02322082cc83r83s815b.jpg dsc_02332082cc83r83s815b.jpg dsc_0210.jpg dsc_0252.jpg dsc_02372082cc83r83s815b.jpg dsc_00282082cc83r83s815b.jpg dsc_0251.jpg dsc_0229.jpg dsc_00012082cc83r83s815b.jpg




スタッフ

【原作】広瀬寿子(国土社)
【脚本】佃典彦
【演出】松本祐子
【美 術】乗峯雅寛
【音楽・音響】ノノヤママナコ
【照明】若狭慶太
【衣裳】ごとうゆうこ
【殺陣】杉本明朗
【イラスト・デザイン】伊藤祐基

キャスト

牧野和彦
宮田智康
児玉俊介
朝比奈緑
藤本伸江
平山真由美

ものがたり

夏休み、カイ君は久しぶりにおじいちゃんの家へ行きました。おじいちゃんの体調が悪くなったからです。
カイ君が、おじいちゃんがむっくり起き上がり・・・
「お前に秘密を教えよう・・・ワシはな、実は忍者なのだ!」
「!?」
「カイ、お前も本当は忍者なのだ!!」
突然のことに驚くカイ君。どうやら城址公園にある桜の木を守るのが使命らしい、しかしそこには黒忍者の影が・・・。
果たして、カイ君たちの運命や如何に?

どんでん返しの大冒険

忍者が住んでいる忍者屋敷には、どんでん返しの扉があります。見た目はただの壁なのに、、ひっくり返って違う部屋への入り口が現れるのです。
この「どんでん返し」実は私たちの日常のあちこちに、姿形を変えて仕掛けられているんです。どんでん返しの向こう側には、どんな世界があるのでしょう?

このお芝居の主人公カイ君は、間もなく死を迎えるおじいさんに「実は忍者なのじゃ」と打ち明けられます。その日から、今まで知らなかった事や見えなかったことが見えてきます。おじいさんが何を信じ、何を守り、何を願ってきたのか・・・。

このお芝居を観てくれる人と一緒に、まるで忍者のように「どんでん返し」の向こうの世界を冒険したいと思います。その冒険への扉は、誰にでも見つけることが出来ます。ちょっと、その気になれば・・・ね☆