上演時間  65分(休憩なし)  構成人数  3名   1公演最大観劇人数  300名
 準備時間  3時間半  片づけ時間  約1時間半    

※体育館の条件により(例:2階の体育館・搬入経路が長い等)準備・片づけ時間は多少変動します。

STAFF
原作◎ヘルメ・ハイネ「きみがしらないひみつの三人」(徳間書店より) 訳◎天沼春樹 脚本・演出◎田辺剛(下鴨車窓)
美術◎川上明子 照明◎四方あさお 衣裳◎南野詩恵 音楽◎佐藤容子 音響◎四方あさお 演出助手◎下出祐子 宣伝美術◎イラスト 中川貴雄・デザイン 太田貴子 写真◎服部義安 撮影◎清水智子(清水プランニング) 

CAST
佐々木政司 和田幸加 山内庸平(客演)

『きみがしらないひみつの三人』が令和元年厚生労働省社会保障審議会特別推薦児童福祉文化財 に選ばれました!






























子どもの感想


とても感どうしました。うりんこさんが伝えたい事は、「自分が知らなくてもだれかが応えんをしている?」という事だと思います。じぶんが生まれた時、すぐに来てくれて、助けてくれて、応えんして、最後まで、みてくれる、じぶんもそうやって生きていくんだなと思いました。(5年・男児)

あたまはかせは あのぼうえんきょうでどうしてくもってみえなくなったんですか。ぼくのあたまはかせもみえないときもあるのかなとおもいました。(1年・男児)

いろんな気持ちがありました。うれしい気持ち、たのしい気持ち、人は、みんな心を持っています。人は、いろんなことを思う。それが人なんだって思いました。(5年・男児)

『きみがしらないひみつの三人』が体の中にいると思わなかった!けど、ぼくは3人が体にいると思いながら今日の劇を見たらすごくおもしろく見れたのでよかったです。胃ぶくろおじさんは、消化されたのにリサイクルしていたので現実でもいてほしいと思いました。頭博士は、自分の頭にいるのですごくありがたいと思いました。ハートおばさんは、自分のきもちをせいりしてくれるのですごくありがたいです。(6年・男児)

このげきは、「人の命ってすばらしいものなんだよ。」そんなメッセージを、とどけてくれたんだと思いました。人は、悲しみやくるしみを乗りこえ、どんどん成長して、幸せな人生を歩むんだな、それは、きみのしらない「ひみつの三人」のおかげなんだと、そんな思いが芽生えてきました。本当に、すばらしい劇をありがとう。歌、感動しました。(5年・男児)