印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME | 公演案内

更新日 2016-04-03 | 作成日 2016-04-03

公演案内

☆各種チケット予約はこちら☆

ローソンチケット(Lコード)がローソンとミニストップ店頭でお買い求めできるようになりました。
ローソン店舗検索ミニストップ店舗検索

2018年2月

実験劇場VOL.3

子ども向け作品創りました。

【実験劇場とは】
うりんこの劇団員が、
日常の学校公演の中では共演できない役者と『共演したい」、演じること以外に「脚本を書きたい」、「演出をしたい」‥という、劇団員の「やりたい」を実現する場、挑戦する場、それが「実験劇場」。
お客様の手厳しいご意見を頂くことで、役者自身が自己研磨し、日々の公演活動の糧とすることを目的とするものである

日時
2月24日(土)昼の部 14:00 / 夜の部 18:30
※夜の部終了後、交流会有り。
出演
牧野和彦・にいみひでお・宮腰裕貴・丹羽美貴・藤本伸江・鷲見裕美・栗本彩・越賀波奈子(客演)・・・他
公演作品
『私が社長!!』 作・演出 にへいたかひろ(よこしまブロッコリー)
あらすじ:世界最大おもちゃメーカー任天島社長が辞める時が来た。次期社長のイスに誰が座るんだ!?(子ども向け)
『ゴミステスト』 作・演出 新美 豊
あらすじ:サトルくんの大好物のバナナが、ゴミの妖精に奪われた!ゴミの分別を楽しく学べる、ファンタジーゴミ分別ロマン超大作!!(子ども向け)
『とある劇作家』 作・演出 牧野和彦
あらすじ:ある劇作家が引退を決めた。これまでの作品を盟友である演出家とともに振り返る回想劇。
料金
1,000円
※大人・子ども同一料金、6歳以上有料
会場
うりんこ劇場(052-772-1882)
お問合せ
劇団うりんこ 052-772-1882
お申込み
劇団うりんこ 052-772-1882 チケットはコチラから
クレジット
主催:劇団うりんこ
共催:猪子石創造文化会館(うりんこ劇場)





2018年3月

ともだちや -あいつもともだち-

大人気の絵本「おれたち、ともだち!」シリーズがお芝居になりました!

本気で遊べる誰かはどこに…?
「本当の友だち」ってどんなものでしょうか?何でも「いいよ!」って言ってくれる子が「本当の友だち」とは限りません。「本当の友だち」と遊ぶ時は、スマートフォンやゲームで遊ぶとは違って、きっと自分の思い通りにならない事が多いでしょう。
でも、話したいことや行きたい場所、好きな食べ物もバラバラで、時にはケンカをしたり、とことん言いたい事を言い合っても、「本当の友だち」だったら一緒に居られるのかもしれません。
このお芝居を観てくれた子どもたちが、お互いの考え方や感じ方の違いを認め合える「本当の友だち」と本気で遊んでくれたらとても嬉しいです。そして友だちと一緒に嬉しい事を分かち合い、つらい事、悲しい事も乗りこえていって欲しいと心から願っています。

劇団うりんこ

日時
3月3日(土)11:00 / 14:00 千種文化小劇場
3月4日(日)11:00 / 14:00 鯱城ホール(中区)
3月29日(木)11:00 / 14:00 名東文化小劇場
3月30日(金)11:00 / 14:00 守山文化小劇場
出演
佐々木政司 和田幸加 山内庸平(客演)
スタッフ
原作=内田麟太郎 絵=降矢なな「ともだちや」「あいつもともだち」「ともだちごっこ」(偕成社より)
脚本・演出=佃 典彦
美術=青木拓也 照明=四方あさお 衣装=木場絵理香 音楽=内田アダチ 音響=椎名KANS 振付=下出祐子 デザイン=伊藤祐基 写真=清水ジロー 
入場料
どの会場も 700円
※大人・子ども同一料金、3歳以上有料、全自由席
会場
千種文化小劇場
鯱城ホール(伏見ライフプラザ5階)
名東文化小劇場
守山文化小劇場
お問合せ
劇団うりんこ 052-772-1882
名古屋市文化振興事業団チケットガイド 052-249-9387
お申込み
劇団うりんこ 052-772-1882 チケットはコチラから
名古屋市文化振興事業団チケットガイド 052-249-9387
(栄)プレチケ92 052-953-0777
愛知芸術文化センタープレイガイド 052-972-0430
ローソンチケット Lコード:43619(自動音声24時間受付)0570-084-004
クレジット
主催:劇団うりんこ、なごや子どものための巡回劇場実行委員会【名古屋市、公益財団法人名古屋市文化振興事業団、公益財団法人名古屋フィルハーモニー交響楽団、愛知児童・青少年舞台芸術協会】 
後援:名古屋市教育委員会、名古屋市子ども会連合会





劇団うりんこ付属演劇研究所 第38期生卒業公演
想稿 銀河鉄道の夜

第38期生の集大成をどうぞご覧ください!

宮沢賢治の代表作を原作とした、北村想の戯曲「想稿・銀河鉄道の夜」に、研究生6人が挑みます。
孤独な少年ジョバンニと、その友人カムパネルラが、銀河鉄道の旅をする不思議な物語を、お楽しみください。

日時
3月17日(土)14:00 / 19:00
3月18日(日)14:00
出演
岡崎愛里 杉浦耶麻人 田岡梨乃 長谷川南 山内周祐 吉川玲音
スタッフ
脚本:北村想 演出:西尾栄儀
舞台監督:長谷川南 照明:四方あさお 音楽・音響:ノノヤママナコ 衣裳:さくま晶子 美術:宮田智康 歌唱指導:和田幸加 ステージング:下出祐子 制作:新美豊/山中真理子 チラシデザイン:長谷川南
料金
前売 1,300円 当日 1,500円
※大人・子ども同一料金、6歳以上有料
会場
うりんこ劇場(052-772-1882)
お問合せ
劇団うりんこ 052-772-1882
お申込み
劇団うりんこ 052-772-1882 チケットはコチラから
ローソンチケット 0570-084-004(Lコード 43108)
クレジット
主催:劇団うりんこ
後援:名古屋市教育委員会





2018年5月

はなのき村

人に しんようされる ということは、なんという うれしいことでありましょう。

昔あるとき、あるところにはなのき村という村がありました。はなのき村はのどかで美しい村です。はなのき村の人々はみな、心の良い人々でした。
またあるところに盗人がいました。盗人は弟子の少年を連れていました。少年は角兵衛という名前です。
二人は町や村で盗みをしながら旅をしていました。ある日、二人ははなのき村にやってきました。この村で盗みをしようと思っておりました。ところが…。
はなのき村を立ち去るとき、二人は盗人ではなくなっていました。はなのき村で、いったい何があったのでしょう?

日時
5月11日(金)19:00
5月13日(土)11:00/14:00
5月14日(日)11:00/14:00
出演
はまだきよ・宮川 団・岩越由花
スタッフ
原作:新美南吉「花のき村と盗人たち」より 
脚本:北村直樹  演出:和田紀彦
美術:方勝 照明:四方あさお 衣裳:さくま晶子 音楽・音響:ノノヤママナコ 振付:下出祐子 演出助手:丹羽美貴 宣伝美術:イラスト 長野ヒデ子・デザイン 濱田千寿 
入場料
前売 2,400円 当日 2,900円
※大人・子ども同一料金、5歳以上有料
早割 2,200円
※早割は4月20日(金)まで。劇団うりんこ取り扱いのみ。
会場
うりんこ劇場(052-772-1882)
お問合せ
劇団うりんこ 052-772-1882
お申込み
劇団うりんこ 052-772-1882  チケットはコチラから 
ローソンチケット Lコード:43914(自動音声24時間受付)0570-084-004
愛知芸術文化センタープレイガイド  052-972-0430
(公財)名古屋市文化振興事業団チケットガイド 052-249-9387
竹内新聞店 052-771-0858
クレジット
主催:劇団うりんこ
共催:猪子石創造文化会館(うりんこ劇場)
後援:愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会






=その他の予定=

2016.